カール・ベームの遺産






巨匠のディスコグラフィーを含むブログです。
追って試聴記を追記します。

巨匠の音楽に感銘を受けた思い出の在る方は、どうぞ御覧ください。


 

管理人の独り言


このblogは、2009年から始めたので、それなりだが、実はこれを始めた当時は、まだ巨匠(カール・ベーム)の残したレコードの事を類型的にまとめたものはなくて、それならばと始めたblogなのだが、現在では気が付くと、その手のblogはそれなりにある。時代も変わったものだと思うが、その頃のネットではどちらかと言うとblogを目録のような資料として使う事自体が稀で、然もマニアっぽい人がやっている専門的なものもあったのだが、この形式のものはあまりなかったと思う。その当時の小生は掲示板ばかりを利用していたので尚更だが、たった8年位の間でも「随分と変わるものだ」と関心をする。だから掲示板を運営していた事もあったのだが、そのうちにFacebookやらTwitterが発展をするのだから、掲示板なんぞ、無用の長物となっても時代の流れだ。そんなこんなで続けているblogだ。なので自身では割と最古のものだ。しかしながら古い録音ばかりを扱っているので、ある程度の更新をするとネタが見つかるまでは、更新がお休みとなるのは仕方がない。それに別に慌てる必要もない。だからマイペースだ。そして内容としても特定の指揮者を取り上げているので、些かの偏りがあるのも認める。だがファンだから開いたとの理由ではあっても、なるべく客観的に紹介をしようとは心掛けている。それは「痘痕も靨」みたいになると、結局ファンの為だけのblogになってしまい、そんな悪い処の傷を舐め合っても何にもならないからだ。それこそ新即仏主義の巨匠の演奏にも傷が付こうと言うものだ。そこで御勘弁願いたいと思っている事だが、確かに「なんでこの演奏が取り上げられないの?」てな状態にもなっている。ライヴ音源からのCD化も後から結構されているので尚更だろう。てな訳でのんびりとしたペースではあるが、まだまだこのblogは続ける気でいるので、閲覧をしている方には、気長に御付合い願えればと思う次第だ。管理人からの独り言である。時折あるコメントもありがたい。




カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ランキング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
確かに博士の様などっしりとした厳しい「未完成」交響曲の演奏を今日の楽団で聴くことは困難となりましたね。

ブラームスの二重協奏曲をソヒエフ指揮N響とウィーン・フィルの若いコンマスとチェロの首席奏者がテレビで放送していましたが、何も伝わって来ませんでした。

ザルツブルク音楽祭1957で博士指揮ウィーン・フィルとヴォルフガング・シュナイダーハンとエンリコ・マイナルディのライヴ録音を最も好んでおるからであります。
投稿者:ひまうま
いつもコメントの度に情報を頂きありがとうございます。

小生は巨匠のような骨格のしっかりしたシューベルトは割りと好きです。

巨匠のロ短調は、とても重たいのですが、説得力がありますね。

この手の演奏も現在では聴かれませんね。

こんばんは、お邪魔させていただきます。

現在、小生は博士とウィーン・フィルの戦前の公演の記録をウィーン・フィルのアルヒーフから調べておるところであります。

戦前のオーストリアはヒトラーのナチス・ドイツに併合されていたこともあり、当局から要請された公演が多かったことはやむを得ないことだったと思われます。

本盤に収録されている「未完成」交響曲を博士は1943年(昭和18年)9月9日木曜日にウィーン楽友協会大ホールで行われた「ラジオ・コンサート」で初めて取り上げております。

「ラジオ・コンサート」は戦前、演奏会に来られない国民のために頻繁に行われておりました。

一方、交響曲第5番は「1943-1944第3回定期演奏会」で取り上げられております。

1943年(昭和18年)10月29日金曜日・30日土曜日・31日日曜日にウィーン楽友協会大ホールで行われた演奏会の全曲目は

シューベルト/交響曲第5番ロ長調D.485
R.シュトラウス/交響詩「ドン・ファン」作品20
ブラームス/交響曲第1番ハ短調作品68

となっております。

「ドン・ファン」は3度目、ブラームスの第1交響曲は4度目となっております。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ