カール・ベームの遺産






巨匠のディスコグラフィーを含むブログです。
追って試聴記を追記します。

巨匠の音楽に感銘を受けた思い出の在る方は、どうぞ御覧ください。


 

管理人の独り言


このblogは、2009年から始めたので、それなりだが、実はこれを始めた当時は、まだ巨匠(カール・ベーム)の残したレコードの事を類型的にまとめたものはなくて、それならばと始めたblogなのだが、現在では気が付くと、その手のblogはそれなりにある。時代も変わったものだと思うが、その頃のネットではどちらかと言うとblogを目録のような資料として使う事自体が稀で、然もマニアっぽい人がやっている専門的なものもあったのだが、この形式のものはあまりなかったと思う。その当時の小生は掲示板ばかりを利用していたので尚更だが、たった8年位の間でも「随分と変わるものだ」と関心をする。だから掲示板を運営していた事もあったのだが、そのうちにFacebookやらTwitterが発展をするのだから、掲示板なんぞ、無用の長物となっても時代の流れだ。そんなこんなで続けているblogだ。なので自身では割と最古のものだ。しかしながら古い録音ばかりを扱っているので、ある程度の更新をするとネタが見つかるまでは、更新がお休みとなるのは仕方がない。それに別に慌てる必要もない。だからマイペースだ。そして内容としても特定の指揮者を取り上げているので、些かの偏りがあるのも認める。だがファンだから開いたとの理由ではあっても、なるべく客観的に紹介をしようとは心掛けている。それは「痘痕も靨」みたいになると、結局ファンの為だけのblogになってしまい、そんな悪い処の傷を舐め合っても何にもならないからだ。それこそ新即仏主義の巨匠の演奏にも傷が付こうと言うものだ。そこで御勘弁願いたいと思っている事だが、確かに「なんでこの演奏が取り上げられないの?」てな状態にもなっている。ライヴ音源からのCD化も後から結構されているので尚更だろう。てな訳でのんびりとしたペースではあるが、まだまだこのblogは続ける気でいるので、閲覧をしている方には、気長に御付合い願えればと思う次第だ。管理人からの独り言である。時折あるコメントもありがたい。




カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ランキング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:maruno
ご返信に心より感謝申し上げます。もしよろしければ、次はBrahmsのWiener Philharmonikerによる全集について書かせてくださいませ。
投稿者:ひまうま
こちらのblogに関する感想ありがとうございます。小生と同じ感性の聴き手が居られた事に嬉しく思います。御言葉の通り、この手の演奏は博士以降はなかなかお耳に掛かれませんね。博士の演奏も現代風に合理的な処理はされていますが、情感あっての「それ」ですから無機質な演奏ではなく、モーツァルトへの憧れも覗かせる演奏です。
投稿者:maruno
Wiener Philharmonikerの40番について語ったものを読ませていただきとても感激しています。同じような想いで聴いておられる方に会えて、とても嬉しい!
これを聴いて縛られたように動けなくなるほど感動したのは、もう40年ほど前、大学生の頃ですね。何年もかけて、アルバイトで貯めながら、少しずつ買い足していったオーディオが、ついに一式揃った頃でした。そのある晩、そのLPへ静かに針を下ろし、流れ始めた40番の弦が、何と心地よく響いたことか。そして、件の第U楽章のラスト。「それにしても美しい。天上の音楽とでも言ったら言い過ぎだろうか」です!
この部分でこのような響きを弦に出させる盤をいつも探しているのです。答えは、あります、たった一個だけ。ワルターのコロンビアですが、いかがでしょうか?コロンビア響はロスフィル等の入り混じりで構成されたにわかオケなのは知られているところ。腕前にも疑問の声が少なからず。なのに、なぜあんな響きを実現させ得るのかなあ?きっと指揮者特有のレシピがあるのだそうな。たとえば、弓を弦のこのあたりに置きながら弾くのだよ、のように・・・。
それにしても、なぜ他の指揮者だとBöhmと同じようにならないのか?同じWiener Philharmonikerでも。不思議でなりません。などと考えてしまいつつ、またKarl Böhm・Wiener Philharmonikerの40番の第U楽章に耳を傾けるのです。これからは秋の夜長にピッタリだね!いかがでしょうか?

http://silver.ap.teacup.com/applet/st1200/164/comment#comment
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ