カール・ベームの遺産






巨匠のディスコグラフィーを含むブログです。
追って試聴記を追記します。

巨匠の音楽に感銘を受けた思い出の在る方は、どうぞ御覧ください。


 

管理人の独り言


このblogは、2009年から始めたので、それなりだが、実はこれを始めた当時は、まだ巨匠(カール・ベーム)の残したレコードの事を類型的にまとめたものはなくて、それならばと始めたblogなのだが、現在では気が付くと、その手のblogはそれなりにある。時代も変わったものだと思うが、その頃のネットではどちらかと言うとblogを目録のような資料として使う事自体が稀で、然もマニアっぽい人がやっている専門的なものもあったのだが、この形式のものはあまりなかったと思う。その当時の小生は掲示板ばかりを利用していたので尚更だが、たった8年位の間でも「随分と変わるものだ」と関心をする。だから掲示板を運営していた事もあったのだが、そのうちにFacebookやらTwitterが発展をするのだから、掲示板なんぞ、無用の長物となっても時代の流れだ。そんなこんなで続けているblogだ。なので自身では割と最古のものだ。しかしながら古い録音ばかりを扱っているので、ある程度の更新をするとネタが見つかるまでは、更新がお休みとなるのは仕方がない。それに別に慌てる必要もない。だからマイペースだ。そして内容としても特定の指揮者を取り上げているので、些かの偏りがあるのも認める。だがファンだから開いたとの理由ではあっても、なるべく客観的に紹介をしようとは心掛けている。それは「痘痕も靨」みたいになると、結局ファンの為だけのblogになってしまい、そんな悪い処の傷を舐め合っても何にもならないからだ。それこそ新即仏主義の巨匠の演奏にも傷が付こうと言うものだ。そこで御勘弁願いたいと思っている事だが、確かに「なんでこの演奏が取り上げられないの?」てな状態にもなっている。ライヴ音源からのCD化も後から結構されているので尚更だろう。てな訳でのんびりとしたペースではあるが、まだまだこのblogは続ける気でいるので、閲覧をしている方には、気長に御付合い願えればと思う次第だ。管理人からの独り言である。時折あるコメントもありがたい。




カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ランキング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひまうま
久々のコメントありがとうございます。
見落としておりました点をお詫び申し上げます。
この処、別のblogに掛かりっきりで、こちらにはあまり関わっていないので、これを機会にまた更新を再開しようとは思っております。

さてこの演奏、実は購入当時はよく聴いたものの、すっかりとレコード棚の肥しと化しており、その棚を整理した処、これを見つけ「じゃあ」てなもので聴き直した次第。
とにかくあれから大物の音楽家が他界されて、気が付いてみれば、小生のような古い音楽ファンには誰だか解らない人ばかり。そんな状況なので益々古い演奏ばかりを聴いております。

「ウィーンのモーツァルト」。これが現在は聴けません。つまりウィーンフィルでたまに演奏を聴いても「これでウィーンかいな?」と呆れるばかりです。

最近、SP盤ですが、カラヤン氏最初のベートーヴェンの「第九」を購入。それで戦後すぐと言う事もあり、なんとも時代掛かった演奏ではありますが。そこで聴ける音色は正にウィーンフィルでした。

まだこのblogはやめる気もないので機会があれば更新を致します。よろしくお願い致します。これでも始めてから早くも10年を迎え、次のステップとなりました。

その間に年号も変わり「令和」の世です。小性も歳を取りました。

投稿者:昭和の剣豪
こんにちは!
大変お久しぶりでございます。
昨晩から本日未明にかけて台風19号が猛威を振るい日本列島に大きな爪痕を残しております。
災害に遭われた皆様にお見舞い申し上げますとともにお亡くなりになられた方に対して謹んでお悔やみ申し上げます。
モーツァルトのこの二つの作品にはそうした方々への祈りが溢れている。
そんな思ひに強く駆られるのであります。
かつてバックハウス氏と録音した作品をギレリス氏と再録音する。
ギレリス氏とはザルツブルク音楽祭でもベルリン・フィルハーモニー管弦管弦楽団と本作を演奏しております。
この演奏の特徴はやはりウィーンのモーツァルトというところに尽きるのではありますまいか?
また愛娘との二重協奏曲は楽興の歓びに横溢しています。
巨匠も心底楽しまれていますね。
こういう演奏が録音として遺っている。
これこそが人類世界遺産ではないでしょうか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ