カール・ベームの遺産






巨匠のディスコグラフィーを含むブログです。
追って試聴記を追記します。

巨匠の音楽に感銘を受けた思い出の在る方は、どうぞ御覧ください。


 

管理人の独り言


このblogは、2009年から始めたので、それなりだが、実はこれを始めた当時は、まだ巨匠(カール・ベーム)の残したレコードの事を類型的にまとめたものはなくて、それならばと始めたblogなのだが、現在では気が付くと、その手のblogはそれなりにある。時代も変わったものだと思うが、その頃のネットではどちらかと言うとblogを目録のような資料として使う事自体が稀で、然もマニアっぽい人がやっている専門的なものもあったのだが、この形式のものはあまりなかったと思う。その当時の小生は掲示板ばかりを利用していたので尚更だが、たった8年位の間でも「随分と変わるものだ」と関心をする。だから掲示板を運営していた事もあったのだが、そのうちにFacebookやらTwitterが発展をするのだから、掲示板なんぞ、無用の長物となっても時代の流れだ。そんなこんなで続けているblogだ。なので自身では割と最古のものだ。しかしながら古い録音ばかりを扱っているので、ある程度の更新をするとネタが見つかるまでは、更新がお休みとなるのは仕方がない。それに別に慌てる必要もない。だからマイペースだ。そして内容としても特定の指揮者を取り上げているので、些かの偏りがあるのも認める。だがファンだから開いたとの理由ではあっても、なるべく客観的に紹介をしようとは心掛けている。それは「痘痕も靨」みたいになると、結局ファンの為だけのblogになってしまい、そんな悪い処の傷を舐め合っても何にもならないからだ。それこそ新即仏主義の巨匠の演奏にも傷が付こうと言うものだ。そこで御勘弁願いたいと思っている事だが、確かに「なんでこの演奏が取り上げられないの?」てな状態にもなっている。ライヴ音源からのCD化も後から結構されているので尚更だろう。てな訳でのんびりとしたペースではあるが、まだまだこのblogは続ける気でいるので、閲覧をしている方には、気長に御付合い願えればと思う次第だ。管理人からの独り言である。時折あるコメントもありがたい。




カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ランキング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひまうま
当作品での当盤は、音質が良い分、巨匠の表現が手に取るように解るのでいいですね。

それにしてもウィーンフィルは最高です。

R・シュトラウスの場合は管と弦のバランスの妙が独特なので、精密な音造りが出来る巨匠のような指揮者が理想でもあります。

(後篇)

バッカスは第一声の「Circe,Circe,kannnst du mich hoeren?」で全てが決まってしまいます。

DVDではジェス・トーマスとルネ・コロ、ウィーン国立歌劇場のライブ録音ではジェームズ・キングが歌っております。

小生はトーマスとコロのバッカスが気に入っております。

ルドルフ・ショックは第一声からしてコンディションが悪かったのか、上記二人には遠く及ばずキングの今一つぱっとしない歌唱に近いように感じました。とても残念であります。

博士指揮の楽団ですが10年前はウィーン国立歌劇場管弦楽団、本盤はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団であり、10年前とはメンバーも異なっているものと推察します。


そうであったとしましても、どちらも甲乙付け難いほど素晴らしいのであります。リヒャルト・シュトラウスの描いた理想の響きはこの楽団以外にも求めようがないからであります。

ところで博士はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と1943年(昭和18年)6月24日木曜日にウィーン楽友協会大ホールに於ける「ラジオ・コンサート」でリヒャルト・シュトラウスの作品を演奏しております。

曲目は

1.歌劇「カプリッチョ」作品85より導入部

2.歌劇「ナクソス島のアリアドネ」作品60の歌劇よりツェルビネッタのアリアとフィナーレ

となっております。

エレーナ・ニコライディ(ソプラノ)

ヴィオリカ・ウルズレアツ(ソプラノ)

パウル・シェフラー(バリトン)

グルトルーデ・リュンガー(ソプラノ)

エリザベート・ルトガース(ソプラノ)

F.ラルフ(トルステン・ラルフではないでしょうか?)(テノール)

アルダ・ノニ(ソプラノ)

E.ベッチャー(ソプラノ)

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)

カール・ベーム博士(指揮)

以上となっております。

最後まで拙文にお付き合い頂きまして誠に有難たく存じます。








(前篇)

こんばんは、お邪魔させて頂きます。

小生も幸い本盤を所持しております。

実は小生はRCAが発売した「リヒャルト・シュトラウスのプリマドンナたち」というCDも持っております。

そこにはリヒャルト・シュトラウス生誕80年にウィーン国立歌劇場で行われた「ナクソス島のアリアドネ」の抜粋が収録されております。

最初に序幕の終結部の作曲家(イルムガルト・ゼーフリート)と音楽教師(パウル・シェフラー)の愛の二重唱、次にオペラからアリアドネ(マリア・ライニング)、歌劇から導入部のアリアドネ(マリア・ライニング)、ツェルビネッタ(アルダ・ノニ)とハレルキン(エーリヒ・クンツ)の三重唱そしてツェルビネッタ(アルダ・ナニ)のアリアが収録されております。

この抜粋を聴いただけでも、この公演の水準の高さはよく分ります。

ひまうま様が激賞されるだけのことのある博士の気迫のこもった公演であります。

さて、本番であります。

序幕における作曲家(イルムガルト・ゼーフリート)と音楽教師(パウル・シェフラー)ですが、抜粋と比較しても、10年前よりも深い内面を歌っている、それだけ深く読譜出来ている印象を受けました。

声楽家が10年のうちにこれだけの深化を見事に聴かせてくれる、現代の声楽家では成し得ない偉業と申せましょう。

歌劇ですが、プリマドンナとアリアドネを10年前に歌ったマリア・ライニングとリーザ・デラ=カーザーを比較しますとライニングの美しさに軍配を上げざるを得ない感がございますが、デラ=カーザーも決して悪くはないと考えます。

ツェルビネッタですが、アルダ・ノニに好感を持てました。ビブラートが多いのが少し気にはなりますが、レリ・グリストと同様のコケティッシュな歌唱が見事であります。

ヒルデ・ギューデンは上記二人とは声質が異なりますが、若々しい瑞々しさに溢れており、こうしたツェルビネッタも悪くないのではないかと思いました。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ