橦木倶楽部通信第6輯

橦木倶楽部を拠点に、文化のみち全域のネットワークづくりを目指します。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
伊藤輝雄様。名古屋大学も多くの資料を保存しているようです。次に名古屋においでになるときは、お知らせいただければ、ご案内いたします。
投稿者:masa
tera-toy様。「愛知医師流行評判鑑」と「名古屋持丸鑑」は、どこで見ることができますか?お持ちなら、今度見せてください。おおいに興味をそそられます。
投稿者:伊藤輝雄
masa さま

 ご丁寧に紹介頂きまして有難うございます。先日、鶴舞図書館前の銅像及び伊藤圭介
記念室も訪れて来ました。記念室はよく整備され。資料も揃っていて感銘をうけました。
小学校の2箇所の銅像は次回伺おうと思っています。

投稿者:tera-toy
愛知医師流行評判鑑と名古屋持丸鑑の両方に載っている医師は藤浪萬徳、中野隆輔、伊藤延吉、佐々木圭二、波沼了造、中川順二らがあります。たた、皆が前頭の二段目以下に載っているので、代々の商人には敵いません。ちなみに、片野東四郎は一段目に大きく載っています。
投稿者:masa
伊藤延吉さんは医師だったのですね。しかし、名古屋持丸鑑の方は、商人のランキングですよね。同じ七間町ですので同一人物と考えて良いと思いますが、医師として繁盛していたということでしょうか?別の商売もしていたのでしょうか?
投稿者:tera-toy
愛知医師流行評判鑑(明治13年)に「大関 ヒサヤ 藤波萬徳、巾下 横井信之」と並んで「前頭 七ケン 伊藤延吉」と載っていました。また、名古屋持丸鑑(明治13年)にも「大関 茶ヤ丁 伊藤次郎左エ門、鉄砲丁 岡谷惣助」に続いて、「前頭 七間丁 伊藤延吉」と載っていて、繁盛していた様子が伺われます。
投稿者:masa
伊藤輝雄さま、初めまして。圭介翁のひ孫さんですか。びっくりしました。ご存知とは思いますが、圭介翁の銅像は名古屋に3カ所あります。名城小学校、御園小学校、鶴舞図書館。東山植物園には「伊藤圭介記念室」もあります。以前に圭介翁について記事にしましたのでご参考まで。
http://white.ap.teacup.com/syumoku/21.html
投稿者:伊藤輝雄
私は伊藤圭介のひ孫に当たる者です。先日圭介の足跡を尋ねて名古屋に行く準備をすすめていたところ、偶然にこのしゅ木倶楽部通信代6に出ていました伊藤圭介の碑がある事をしり、早速、平和公園内の光勝院の墓地に碑が有るのを見つけました。碑もさることながら、その見晴らしの良さ、環境の美しさに感激しました。また、親切に接してくださった市民の方々お礼申し上げます。埼玉から赴いた甲斐がありました。
投稿者:masa
案内地図では、もっとも北のはずれ、献体塔の東、情妙寺墓地の隣に「中川墓地」が記されています。区画整理に引っかった中川区内の墓地を一括して移動したのでしょうか?
投稿者:tera-toy
「中川墓地」とは聞きなれない名称ですが、何か由緒のある墓所でしょうか?
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ